総合案内

ごあいさつ

理事長あいさつ


 当院は 1889 年(明治 22 年)藤森亀太郎が松本病院として現在地(当時は東筑摩郡松本町)に開院しました。開院当時は近隣には医療機関が少なく、医療に恵まれない時代であり、重病に苦しみながら手当を受けることすらできない人々が多くありました。初代院長は地域の開業医の協力を得ながら地域医療に貢献しました。当院は理念を「地域のかかりつけ病院としてやさしさ、こころ遣いのある病院を目指します」としていますが、これは開院以来の当院の伝統に基づくものです。

 1925 年(大正 14 年)に市立松本病院(現在の信州大学病院)が設立されることになり、藤森病院と改称しました。 1951 年(昭和 26 年)に医療充実強化を目的に医療法人藤森医療財団藤森病院と改組し、 1989 年(平成 元 年)に開院 100 周年を迎えました。初代院長は外科医であり、現院長(第7代目)まで院長は代々外科医が務め、外科専門病院として歩んできましたが、現在は外科に加えて、内科、整形外科、泌尿器科を標榜しています。 2009 年(平成 21 年)には先端医療に対応し、患者様に良好な医療環境を提供する目的で病院の全面改築工事を行いました。

 地域包括ケアシステムの構築には地域の中核機能としての医療機関が必要ですが、当院は急性期、回復期の機能を併せ持つ「地域包括ケア支援病院」として急性期一般病棟 39 床、地域包括ケア病棟 30 床の病棟構成としています。在宅療養支援として在宅診療科を立ち上げ、在宅支援センター「ふじの花」、サービス付き高齢者住宅「プレジールふじの森」を運営しています。

 当院をご利用いただく患者様には満足のいく医療を提供し、職員には職務満足が高く、医療人としての責任のもと、自信と誇りを持って働くことのできる病院として努力していく所存です。今後とも地域の病院として一層地域の皆様のお役にたてるよう、職員全員が一丸となって頑張ってまいりますので、皆様の御協力、御支援をよろしくお願い致します。

医療法人藤森医療財団 藤森病院

理事長 藤森芳史


院長あいさつ


『生きるっちゅうのはほんまに』

 今年1月からこれまで約7ヶ月にわたり、長期間の入院体験をしました。週単位で進行する悪性度の極めて高いリンパ腫で、初めは少し落ち込み人生ここまでかと思いましたが、主治医に励まされ、文献も呈示していただき、むしろ悪性度が高いがゆえに化学療法が有効であることなど病気のことを詳しく理解するようになり、いろいろな事をポジティブに捉えることができるようになり、病気を知ることの重要性を認識しました。化学療法1クール21日間で17日間入院、4日間自宅療養を繰り返し6クール行いました。極めて大量の抗癌剤を多数使用しました。副作用は2クール目までは骨髄抑制による白血球減少ぐらいで比較的楽かなと思っていましたが、3クール目以降本当に大変でした。特に全身の筋減少・筋力低下が生じ、ベッドから起き上がる苦労、また歩行障害には参りました。トイレに行くにも杖代わりに点滴台が必要となり、老人の廃用性障害の状態でした。リハビリも強い貧血のためちょっと動くと息切れが強くなり、思うようにはできませんでした。味覚・嗅覚障害も出現し、どんな食事(特に魚類)も見るのも嫌になりソーメンばかり食べている時もありました。ちょうどコロナで面会も禁止されており、病棟外の歩行も制限されており、病棟にWi-Fiも繋がっていないため、気分転換もできずにいた中でNHKの朝の連続ドラマ『おちょやん』には助けられました。特に最終週、主人公(浪花千栄子)が劇中で「生きるっちゅうのはほんまにしんどうて、おもろいなあ」、最終回で朝の出勤前、笑顔で青空を見上げ「今日もええお天気や」と演じていたのには胸を打たれ涙が自然に出ました。他の多くのテレビ番組は陳腐であり、特にワイドショーではコロナの話題を長々と同じ解説を繰り返しており、無味乾燥に感じるようになり、テレビを見なくなりました。病室の窓から見えた美ヶ原、ロビーから見えた乗鞍岳が心を和ませてくれました。また病室には患者用Wi-Fiが無く、スマホの「テザリング」機能でインターネットや家族とビデオ通話をできたことが精神的な大きな支えとなりました。病棟で数人の患者が同じ様なことをしてインターネットにアクセスしていた様です。セキュリティ、業務用Wi-Fiへの電波干渉などの問題があるのでむしろ管理されたWi-Fiを患者用に開放する方が安全であり、長期入院経験がある元フジテレビアナウンサーの笹井信輔さんも病室にFree Wi-Fiを導入すべきと訴えていましたが、入院患者へのサービスとして重要な問題と思われました。精神的にも少し参りましたが、担当医また看護師さんの励ましで何とか治療を完遂できました。

 入院生活は決して楽しいものではありませんが、苦しい中で、病気を理解すること、希望を与えられること、小さな些細な喜びを感じられる環境があることなどが大切だと痛感しました。この治療を受けた経験を今後の当院の医療環境の改善に活かしていきたいと思います。
                              2021年10月

医療法人藤森医療財団 藤森病院


院長 西牧敬二

ページトップ
お問い合わせは電話0263-33-3672まで