総合案内

ごあいさつ

理事長あいさつ

当院は、明治22年(1889年)藤森亀太郎が松本病院として現在地(当時は、東筑摩郡松本町)に開院しました。開院当時、松本市には医療機関が少なく、医療に恵まれない時代であり、重病に苦しみながら、手当てを受けることすらできない人々が多くありました。初代院長は、近隣の開業医の協力を得ながら、地域医療に貢献しました。当院の理念として、「地域のかかりつけ病院として、やさしさ、こころ遣いのある病院を目指します」とありますが、これは開院以来の当院の伝統です。

その後、大正14年(1925年)に私立松本病院(現在の信州大学病院)が設立されることになり、藤森病院と改称しました。昭和26年(1951年)には、医療充実強化を目的に医療法人藤森病院と改組し、昭和49年(1974年)には、開院85周年を兼ねて新築工事を行いました。また、初代院長藤森亀太郎は外科医であり、現院長まで(第7代目)院長は代々外科医が務め、外科専門病院として歩んできましたが、平成7年(1995年)には、内科医が常勤体制となりました。

近年、施設の老朽化が進み、先端医療に対応し、患者様に良好な医療環境を提供することが困難になりました。平成20年春から開院120周年に向けて、病院の全面改築工事を開始し、平成21年末には新病院完成の予定です。

当院をご利用いただく患者様には、満足のいく医療を提供し、職員には、職務満足が高く、医療人としての責任のもと、自信と誇りを持って働くことのできる病院として努力していく所存です。今後とも地域の病院として、一層地域の皆様のお役にたてるよう、職員全員が一丸となってがんばってまいりますので、皆様の御協力、御支援をよろしくお願い致します。

医療法人藤森医療財団 藤森病院
理事長 藤森芳史

院長あいさつ

これまで老朽化した病棟で患者の皆様、地域の皆様にはご迷惑をおかけしてきましたが、待望の新病棟が平成21年6月6日より使用開始となりました。

新病院の建築の理念として、「狭さ」「水」「地域」との共生を掲げました。

第一に「狭さ」ですが、高度な医療機器による医療を行うためにはこの狭さが足枷となります。しかし足腰の弱い方にとっては狭さがむしろ大いなる味方になるのです。ハード、ソフト両面から狭いながらも病院の中でほっとできるような空間を作り出していきたいと思います。

次に「水」です。この市街地には川が縦横に走っており、大きな面積を必要とする建物を建てるにあたり非常に厄介な存在です。しかし松本市にとって源池の泉に代表されるように水は大切な資源です。病院にとっても特に水は重要です。この「水」と共生するため私どもはきれいな地下水の利用、また病院の駐車場の貯水能力を高める設計を行い、万が一の増水に備えるようにいたしました。

三番目に「地域」です。当院は基本的に地域に密着した病院です。地域にはそれぞれ特殊な環境、事情というものがあります。地域の意見をできる限り取り入れていく必要があります。そのために病院の方針を決めていく大切な評議員会のメンバーとして町会の代表者に入っていただくよう病院内部の構造改革をしました。また当院の周辺にはいろいろな店、商業施設がそろっており、これを病院の機能として利用することによって、病院の肥大化を防ぐことができます。これも地域との連携の大きな利点になると思っております。

この新病院の完成を機に、地域に密着した病院としてその機能をさらに充実させ、皆様から信頼される医療を実践してまいる所存です。今後ともご支援、ご協力を賜りますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。

医療法人藤森医療財団 藤森病院
院長 西牧敬二

ページトップ
お問い合わせは電話0263-33-3672まで