総合案内

 当該「在宅支援センター」に勤務する職員1名の新型コロナウイルス感染が10月31日(土)に確認されました。既に保健所に報告し、濃厚接触者の調査、感染の有無の確認等を実施しております。
 該当職員は、担当していた職場での手指衛生やマスク着用など標準的感染対策を適切に実施しており、現在、利用者様、関係スタッフも検査を実施し、感染を疑わせる症状・発熱はありません。
 以下、経緯についてご報告させて頂きます。

9月29日 微熱(37.4℃)、倦怠感、嗅覚障害が見られましたが1日で症状が改善した
      ため通常勤務を行っていました。
10月21日 ご家族の新型コロナウイルス陽性が判明し、その濃厚接触者として感染症
       指定医療機関で検体採取しLAMP検査の結果陰性。自宅待機となりまし
       た。
10月22日 PCR検査施行し陰性でした。
10月30日 念のため再度PCR検査を施行し、10月31日結果陽性が判明しました。
       感染症指定医療機関を受診し、入院不要との診断で自宅療養となりまし
       た。
11月2日 PCR検査を施行し、11月3日結果陰性でした。自宅待機は継続しています。

 当在宅支援センターの対応といたしましては日頃から出退勤時の検温、マスク着用、手指衛生を行い、感染対策を行っておりました。
 濃厚接触者と判明した10月21日には在宅支援センター職員全員の抗原検査を行い、結果は全員が陰性でした。また、11月2日在宅支援センター職員全員のPCR検査を行い、結果は全員が陰性でした。
 現在、在宅支援センターについては、保健所と相談し、感染性が低いと思われるため、通常業務を実施しております。

 皆様にはご心配をおかけいたしますが、継続して保健所と連携し、引き続き感染防止に努めてまいりますので、何卒宜しくお願い申し上げます。

                         2020年11月5日
                         藤森医療財団 在宅支援センター ふじの花
                         業務管理者   藤森 千恵
                         所長       大澤 芳子

ページトップ
お問い合わせは電話0263-33-3672まで