教えて!藤森病院

病気や治療のこと

Q.血管内レーザー治療に合併症はないのですか?
血管内レーザー治療は基本的に安全な治療ですので、命を脅かすような重篤な合併症は極めてまれと思われます。


しかし、皮下出血や大腿部痛などの軽度の合併症は比較的よく起こります。このような皮下出血は、徐々に下に広がっていきますが、通常2~3週間で完全に消失します。大腿部の痛みやつっぱり感はほぼ必発します。鎮痛剤を内服していただきますが通常は1~2週間でおさまります。

伏在静脈の合流部について説明しますが、この太いのが深部静脈で、こちらが伏在静脈です。
注意を要する合併症として、深部静脈との合流部付近にできる血栓があります。増大して深部静脈血栓症や肺塞栓症など重篤な合併症をきたしかねないので、術後のドップラーエコーでの確認が重要となります。とても稀ですが、このような大きな血栓を認めた場合は、点滴や内服による抗血栓療法を行います。


Q.血管内レーザー治療は増えているのでしょうか?

上のグラフは、藤森病院における過去10年間の治療実績です。2011年からレーザー治療が保険適応となり、当院でもレーザー治療を導入したところ、このように急激に件数が増えてきました。


Q.とても多くの方がレーザー治療を受けられていますが、安心して受けられる治療と考えてよさそうですね。

私どもはこの3年間で約700人の患者さんに対してレーザー治療を行ってきました。肺梗塞などの重大な合併症は1例もありませんでした。焼灼部の痛みや皮下出血は比較的多くみられますが、術後1週間でほぼ消失し、1か月後の再診時には、ほとんどの患者さんが静脈瘤の消失と症状改善に満足されています。つい最近ですが、さらに効率よく焼灼でき、合併症の少ない新しい機器がいくつか認可されましたので、今後はより安全で確実な治療が期待できると思います。

ページトップ
お問い合わせは電話0263-33-3672まで