教えて!藤森病院

病気や治療のこと

Q.下肢静脈瘤(かしじょうみゃくりゅう)とはどのような病気でしょうか?
足の静脈が太く浮き出たものを下肢静脈瘤といいます。非常に多い疾患でして、40歳以上の8.6%が治療の対象となるような下肢静脈瘤をもっているという報告があります。


このように静脈瘤の太さや性状によって4つに分類されますが、治療を希望して来院される患者さんの8割以上が、この伏在静脈瘤というタイプです。このように美容的な悩みの原因になりやすですし、いろいろな症状を有することが多く、また進行してきますと皮膚病などの合併症も起こしやすいことから、このタイプには手術をお勧めしています。


Q.下肢静脈瘤の原因を教えて下さい。
原因は静脈弁の異常です。

まず足の静脈の解剖ですが、筋肉の中を走る深部静脈と表在静脈に分けられ、表在静脈の主なものに大伏在静脈と、小伏在静脈があります。
静脈は逆流を防止する弁のおかげで1方向にしか流れないようになっていますが、伏在静脈の弁は壊れやすく、そうなると血液が逆流をおこして流れがとどこおるようになり、徐々に静脈がふくれて静脈瘤ができてきます。

この写真のように、大伏在静脈が原因ですと足の内側に、小伏在静脈が原因ですと、ふくらはぎに静脈瘤が発生することが多いです。


Q.どのような人がなりやすいのでしょうか?

性別では女性に頻度が高く、妊娠や出産をきっかけに発症することもあります。加齢とともに増加していき、遺伝的な要素も関係しています。長時間の立ち仕事をする方に特に多く、このような方は環境を変えにくいことから進行しやすいといわれています。

ページトップ
お問い合わせは電話0263-33-3672まで